海外勤務の食品メーカー求人

食品メーカー求人TOP >> 条件別の食品メーカー求人 >> 海外勤務

海外勤務の食品メーカー求人

食品を商品として売るにあたって、1つ大きな限界が存在します。それは人が食べる以上に売れないということです。そこで、営業の仕事として顧客を広げていくわけですが、どうしたって人の数には限界があります。人口はそう簡単に増えてくれるものではありません。そこで、食品メーカーの多くは海外に業務を拡大することで、顧客を増やそうとするのです。このように、海外に向けての求人枠というのは、現在珍しくありません。

こうした海外への事業拡大において、一番大きな仕事はいわゆる営業職です。国内においてはスーパーやコンビニエンスストアに対して、売買契約を結ぶため働きかけるという仕事になります。これが海外でどういう仕事になるかと言うと、やることは同じです。海外においても、様々な店に商品を置いてもらうよう営業を行うことになります。海外へ向かう目的は事業の拡大なので、当然と言えるでしょう。また、海外で原料の買い付けを行うのも、営業職の仕事になります。海外で食材を行うことは、大事な仕事です。また、東南アジアを中心に工場を設置する大手の企業は増えています。大手の企業であれば、海外に出向するための人材を募集することもあるでしょう。

しかし、海外で働くに当たって国内と大きく違う点が2つあります。それは言語と文化です。言うまでもない話ですが、日本語は日本国内でしか使われていません。そのため、海外の顧客に営業を行うに当たっては、海外の言語を使える必要があります。英語が使える国は増えているので、最低でも英語が使える必要があるでしょう。また、こうした事業拡大のターゲットは東南アジア諸国です。そのため、現地語が使えればより有利ということになります。そして何より、現地の文化への理解というものはより重要です。そのため、現地の文化についての理解というのも求められるファクターとなります。

当然の話ですが、海外で仕事をするということは日本国内で仕事を行うのと訳が違います。言語は言うまでもなく、習慣も大きく違うからです。日本人同士であれば共通認識を持って仕事が出来ますが、海外の仕事で共通認識を築くことは中々出来ません。そのため、各企業は自社の人間で頑張るという形になります。その中でもし、海外における知識や経験を持っているのであれば、それは強力な武器になります。日本国内で働くだけが人生ではありません。こうした海外に向けての求職案件を見てみると、また人生が大きく変わることでしょう。

食品メーカーの求人探し向けのサイトはコレ!

リクルートエージェント
利用料金 完全無料
転職可能地域 全国ok
おすすめ度 ★★★★★
公式サイト 詳細

TOP

食品メーカー転職の基礎

職種別の食品メーカー求人

条件別の食品メーカー求人

人気の食品メーカー採用情報


Copyright (C) 2016-2018 食品メーカー向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.